当医院について

院長ご挨拶

馬絹の地で70年。これからも地域に根差した診療を目指して。

 上林歯科医院は、昭和20年(1945年)の開院以来、祖父・父・そして私と親子三代に渡り、ここ馬絹そして近隣の皆さまがたの歯の健康をお守りしてまいりました。
日々、親の遺してくれた診療所、そして来院してくださる患者さまの存在に感謝しながら、診療に従事しております。
 小さなお子さまからお年寄りまで、患者さま一人ひとりと生涯に渡り、「ホームデンティスト」・「ファミリーデンティスト」として末永くお付き合いをさせていただけたらと切に願っております。
 これからも地域に根差した医院づくりをモットーとし、時代のニーズに即した診療で、皆さまのお口の健康をサポートして参ります。

当医院のコンセプト

患者さんとのコミュニケーションを大事にします
痛みを伴うなどの急な場合を除き、治療を始める前には十分なヒアリングと検査を行ったうえで、最善な治療方法を導き出します。 患者さんの要望に応えられるまでは他の治療は致しません。
日々自己研鑽に励んでいます
歯科医師をはじめ、歯科技師、歯科衛生士などスタッフ一同が、レベルアップのため積極的に講習会や研修会に参加しています。
院内感染に配慮した衛生管理を行っています
院内の清掃、消毒の徹底など、滅菌に力を入れています。
これからも地域に根ざした安心・安全な診療を行ってまいります。歯や治療のこと、費用や保険のことなど、判らないことがありましたらどうぞお気軽にご相談ください。

これまでの歩み


昭和20年、馬絹で最初の歯科医院として当院を創設。
長く小学校校医、PTA会長なども務めました。

初代勝治院長の退職後、当医院院長に就任。
幼稚園・小学校などの校医や歯科医師会なども務めました。
昭和20年(1945)12月初代院長上林勝治により、上林歯科医院創設
昭和38年(1963) 2代目院長として上林昭昌が就任
平成12年(2000) 現職の上林 弘が3代目院長となる
平成24年(2012)5月「医療法人K’s. F.C上林歯科医院」となる

院内設備の紹介


診療室
診療台は6台あり、予約制ではないので急な患者さんにも対応できるようにしています。

技工室
急な入れ歯の破損等のトラブルに、通常は数日預かる所をなるべく当日中に修理することを心がけています。
aboutus_img06aboutus_img06b
Trophypan smart 3D
デジタル式歯科用パノラマ・断層撮影X線診断装置を完備しています。必要のない範囲への被ばくを軽減し高速撮影が可能です。

口腔内カメラ
お口の中の状態や治療方法の説明、また治療前後の比較など、より判りやすいものになります。

ソフトレーザー
知覚過敏処置の他、傷や口内炎の治癒促進作用があります。


パウダールーム・ベビーシート
診療前後のブラッシングやお化粧直しにお使いください。また、トイレ内にはベビーシートもご用意しています。


キッズスペース・ベビーチェア
診察室にはベビーシートもありますので、赤ちゃんをお連れのお母さまも安心して診察をお受けいただけます。

待合室
明るい雰囲気の待合室。テレビや本・雑誌などをご用意しています。

駐車場
医院横の2階建て駐車場に当院専用スペースが8台分あります。
また医院正面は駐輪スペースになっております。